味わいで探す

味わいチャート

お好みの味わいをクリックすると、味わい別で商品をお選びいただけます。

  • やや端麗
  • 端麗
  • 辛口
  • やや辛口
  • 濃厚
  • やや濃厚
  • 甘口
  • やや甘口
  • 普通

日本酒を選ぶポイント!

ワインと同様に、日本酒も「辛い」「甘い」という分類をされることがあります。
日本酒度と酸度の数値の組み合わせにより「辛口」「甘口」「濃厚」「端麗」など表現されます。
日本酒も、単に「辛い」「甘い」だけではなく、商品によって様々な風味が存在します。

甘口酒は、糖分が多く、酸の量が少ないのが特徴です。
一方、辛口酒は、糖分が少なく、酸の量が多い酒になります。

一般的に、日本酒の「辛口」「甘口」の目安には、日本酒度計を用います。
日本酒度とは、それぞれの日本酒の比重を計って、この糖度の割合を示したものです。
糖分が多い甘口酒は比重が重いので上に浮き、辛口酒は下に沈みます。
比重計の目盛りが「-」を示せば甘口、「+」は辛口となり、数値はその度合いを示します。

飲み口を微妙に左右する「酸度」と「アミノ酸度」。
日本酒に含まれる酸は「コハク酸」「乳酸」「リンゴ酸」の3つが、全体の大部分を占めています。
日本酒度が同じ場合には「酸度」が高い方が辛口で濃く感じられます。
また、日本酒中のアミノ酸の総量を表すのがアミノ酸度です。
一般には、アミノ酸が多いと味は濃くなりますが、多すぎると雑味が出やすくなるといわれています。

淡麗辛口

口あたりがやわらかく、抵抗なく飲める淡麗辛口です。
日本酒度が高く、酸度が低いことから、爽快感のある、軽い喉ごしが特徴です。
強烈な個性はなく、誰の口にも合うお酒です。
和洋問わず、どんな料理とも比較的相性はよいですが、「味が強い料理」や「脂っこい料理」には、味負けします。

淡麗甘口

サラッとした軽い甘さで、ソフトな口あたりが、淡麗甘口の特徴です。
米の甘みと、酸味とのバランスが絶妙です。
料理は、比較的薄味のものと合います。
酸度が低いことから、どんな料理とも比較的相性はよいです。

濃厚辛口

日本酒の「味の要素」「辛い・甘い・酸っぱい・苦い・渋い」が最もバランスよく融合し、深い味わいを持つお酒です。
しっかりしたコクは、味の濃い料理にも負けない力強さがあります。

濃厚甘口

米本来の甘みを生かした、コク豊かなお酒です。
口あたりが「トロリ」としたやわらかさと、甘い香りが特徴です。
調味料をあまり加えず、素材の味を活かした、あっさりとした料理と合います。

※参考:(日本酒造組合中央協会より)